お腹の健康を考える|乳酸菌サプリで爽快な毎日を

腸が健康に影響する

お腹

腸内フローラの状態を整えることは、健康に大きな効果が期待できることが知られています。手軽に摂取できる乳酸菌サプリで腸内の善玉菌を増やして腸内フローラのバランスを整えていくようにしましょう。

もっと見る

美味しさと機能性

サプリ

合わないこともある

健康食品としてサプリ全般に言える内容として、2週間程度試した後、合わないと感じる場合もあるため、同じ栄養素のサプリでも別のメーカー品に変えてみることも必要です。特に乳酸菌サプリでは、配合されている乳酸菌の種類や数も異なり、自分に合っていないこともあるためで、乳酸菌サプリが合わない場合には食品から探してみる工夫も必要です。腸内で活躍している細菌は1種類ではないため、サプリでも食品でも1つに偏って摂取するのではなく、多彩な栄養により、身体が喜ぶ環境に導くことが大事です。また数百億個もの乳酸菌を配合していても、2日程度で体外に排出されてしまうために継続させることは重要です。微生物として便秘や下痢を抑えてくれる働きもありますが、食べた物の量によっては水分が腸に吸収されずに軟便になりやすく、便のカサ増し目的では注意が必要です。

高齢者にも慣れた食品

動物由来と植物由来に分けることができる乳酸菌は、サプリを補助的に利用し、普段は健康食品から乳酸菌を摂り入れることが生活習慣改善を意識できる内容です。ヨーグルトや乳酸飲料は特に幅広い年代から人気で、女性や子供にはダイエットやおやつなどの間食代わりに食べられています。また、乳酸菌入りのサプリと一口に言っても効果は実に様々で、腸内環境を良い方向に導くだけではなく、肌荒れに効果的である微生物でもあり、さらにアレルギーや抗ガン作用などの働きも認められている種類まで挙げられます。また免疫力を高める効果も期待できるため、高齢者の健康維持にも人気を集めています。特に植物由来の乳酸菌食品は、和の食事に慣れている高齢者から人気が高く、味噌や納豆さらにはお漬け物などからも摂取する食生活は評価されています。若い世代にはピクルスやザワークラフトなどからの食品が人気で、欧米化した食にサプリ同様に取り入れやすい魅力があります。

インスリンの働き

中年男性

インスリンの働きが悪くなり、糖質がエネルギーとして使われにくくなることが、糖尿病の原因です。インスリンの働きは、クロムやマグネシウムや亜鉛のサプリメントによって、良くすることができます。また、インスリンの代わりとなって働くピニトールのサプリメントによって、インスリン抵抗性を下げることも効果的です。

もっと見る

更年期に効果のある治療

薬を飲む婦人

更年期障害は女性の多くが経験することですが、個人差があるので薬を用いて治療をしなければならないケースと何もしなくても症状が緩和するケースがあります。ストレスを溜め込むことで症状が悪化してしまうのでストレスを発散できる趣味などを持っておくと良いでしょう。

もっと見る