お腹の健康を考える|乳酸菌サプリで爽快な毎日を

更年期に効果のある治療

薬を飲む婦人

更年期の症状

更年期障害は50代前後の女性が体験する症状です。この時期の女性は卵巣で作られているエストロゲンの量が急激に減りますので、ホルモンバランスが崩れてしまいます。更年期障害は人によって現れる症状が異なります。代表的な症状としては身体の火照りやのぼせ、異常な発汗などがあります。それ以外にも体調不良が続き、精神的にも不安定になるので、日常生活にも支障をきたしてしまうこともあるでしょう。更年期障害の症状が悪化してきたら治療を受けたほうが良いかもしれません。更年期障害の治療は薬物療法を用いて行うことがほとんどです。ホルモン療法や安定剤を投与しながら治療を行えば症状を緩和させることができます。薬の副作用が生じるケースもあるので先に確認しておきましょう。

きっかけや原因

更年期障害はエストロゲンが減少するのが原因なのですが、ストレスや環境が引き金となることもあります。更年期に差し掛かると環境が変化することが多いと言われています。結婚している人は子供が独立したり、仕事も定年に向かいつつありますので人間関係や仕事の環境が目まぐるしく変化していきます。精神的に不安定になり別の精神疾患を伴うこともあります。その場合の治療の方法は薬を使うことが多いのですが、症状に応じて処方される薬が異なります。身体にとって多少リスクがあったり副作用を感じるケースもあります。薬の効果には個人差がありますし、薬を使わなくても症状が治まる場合も実は多いのです。様子を見て身体と心を休めることも必要になってきます。また、近年は更年期障害やホルモンバランスを整える栄養補助食品やサプリメントも多数販売されているので、食事で栄養素が不足しがちな人はサプリメントを利用してみると良いでしょう。